連絡先
住所:048-0401寿都郡寿都町字新栄町101番6号
Email:kakugomino
@gmail.com
風麟(ふ〜りん)

ごあいさつ

「子どもたちに核のゴミのない寿都を!町民の会」のホームページへようこそ。当会は、寿都町への核のゴミの受け入れや、受け入れに関係する調査を阻止すること、また、未来ある寿都町をつくることを目的として活動しています。

お知らせ

2022年10月5日
2022年9月29日の日本弁護士会連合会 第64回人権擁護大会シンポジウムにおいて、当会の三木信香代表が述べたスピーチ全文関連資料のコーナーで公開しました。
2022年10月1日
岡村聡元北海道教育大学教授など地球科学者の皆さんによる「寿都町・神恵内村は地質的特徴から核のゴミの地層処分に不適地です」関連資料のコーナーで公開しました(2021年10月13日付)。
2022年9月27日
7月8日に町民の会が、町議会に提出した要望書回答の追加がありました(9月21日付)。
2022年9月26日
チラシNo43「福島事故 親たちの決断は?」を公開しました。
2022年9月18日
『フランス、ビュールより 寿都町の住民の皆さんへの連帯メッセージ』を公開しました。
2022年8月22日
チラシNo42「福島事故 中学生が見たものは?」を公開しました。
2022年8月18日
元北海道教育大学札幌校教授の田中実さんによる「寿都には青い海」を改訂しました。
2022年7月21日
チラシNo41「寿都探検ツアー ご参加に感謝」を公開しました。
2022年7月21日
7月8日に町民の会が、町議会に提出した要望書回答がありました(7月14日付)。
2022年7月9日
7月23日、寿都町ウィズコム大ホールにて講演会「子どもだった原発被害者が今語り始めていること」を行います。福島第一原発事故の避難者は、子どもたちへの被ばくを避ける一心で、母子避難、父子避難、あるいは世帯全部の避難を余儀なくされてきました。では、その子どもたちは当時どう感じ、大きく変わった生活についてどう受け止めてきたのでしょうか。11年経ち成長した子どもたちが発信を始めています。開場13時30分。開演14時。入場無料。申込不要。詳しくは7月23日講演会案内をご覧ください。
2022年7月8日
7月8日、町民の会は、町議会に要望書を提出しました。エネルギー問題について議会特別委員会の設置要求、本議会・特別委員会の動画のライブ配信、議会HPへの議事録・配布資料の掲載などを求めています。